株式の相続に関する流れ

相続の際にたまに問題となるのが、「株式」です。
被相続人が投資をしていたことを相続人が知らなかった、想定外の金額となる株式を保有していた、といったことが相続の際に明らかとなり、良くも悪くも騒動となるケースがあります。
今回は株式が相続に含まれていた際、どのような手順で相続すれば良いのか流れを解説しますので、参考にしてみてください。

株式の相続の流れは簡単に言うと、「遺産分割協議書を作成して株式の発行会社に名義変更の申請をする」というものです。
じつは手続きそのものはそれほど面倒なものではありません。
(ただし相続全体の流れはそういった細々としたものの積み重ねです)
手続きよりも大変なのは、保有株式の調査と遺産分割協議書の作成といった「準備」なのです。

まず株式の調査ですが、被相続人がどの銘柄の株式をどれくらい保有していたのかを調査します。
株式には上場株式と非上場株式がありますので、そのどちらを持っているのか、どちらとも持っているのか、調べなくてはなりません。
まず上場株式の場合は、銀行や証券会社などが管理していますので、「取引残高報告書」という書類を発行してもらいましょう。
これには被相続人の保有株式やその数などが記載されています。
古い株券は信託銀行で管理されていますので、問い合わせてみましょう。

非上場株式の場合は、上場株式よりも少し大変です。
株券発行会社に問い合わせるしか手段がないと言えるでしょう。
会社経営していた人が自社の株を保有していることも多いのでそういった場合はある程度把握しやすいですが、そうでない場合にはより綿密な調査が必要となります。

このような調査を行ったら、遺産分割協議にてどのように相続をするのか決定します。
基本的に株式は相続が発生した時点で、法定相続人全員が共有しているものとみなされていますので、それをどのように分割するのか具体的に決定し、遺産分割協議書を作成するのです。
あとは遺産分割協議書と印鑑証明や戸籍謄本など必要書類を揃え、手続きするだけとなります。