相続の流れと費用

故人が亡くなると葬儀や火葬などでまとまったお金が必要となることが多いですよね。
しかしお金がかかるのはそういった部分だけではありません。
相続の際にもそれなりの費用が発生するのです。
今回は相続の流れと、その費用について解説します。

相続の流れは、まず相続するかしないかの意思決定から始まります。
自分が法定相続人であることを知ったその日から3カ月以内に相続するのか相続放棄するのかを決定してください。
相続する場合は遺言状がないかの確認や、単純承認なのか限定承認なのかの選択もしましょう。
限定承認の場合は法定相続人が全員同意する必要がありますので、遺産分割協議などにて相談しましょう。
遺産分割協議を行わずに法定相続をする場合でも、単純承認か限定承認かの選択は相続人同士で話し合う必要があります。

ここまでは当然、単なる話し合いの場ですので費用は発生しません。
費用が発生するのはここから先、実際の手続きの際になります。

たとえば相続登記が必要な場合、登録免許税が不動産の固定資産評価額の0.4パーセント発生します。
2000万円の不動産があったら、8万円必要です。
他にも登記事項証明書が1000円、戸籍謄本や除籍謄本、住民票、印鑑証明書、固定資産税評価証明書などが必要になりますので、それらを発行するのに1通数百円の費用が必要となります。
銀行など金融機関での預金相続の際にも、戸籍謄本、除籍謄本、住民票、固定資産税評価証明書、印鑑証明書などが必要となりますので、合計2千円前後の費用が必要となるでしょう。

他にも遺産分割協議が上手くいかずに調停や審判になってしまった場合、遺産が高額で相続税が発生した場合など、ケースに応じて諸費用が必要となることがあります。
それらは一つ一つ見れば微々たる金額と感じる人も多いですが、積み重ねればかなりの出費となるのです。

相続の流れとは、相続人本人の意思決定、どのように相続するかの決定、実際の手続きというのが大まかな流れになります。
もしもこの流れの通りに進める自信がない場合は、司法書士や行政書士、税理士といった専門家に報酬を支払って依頼するのも良いでしょう。
その場合は報酬額も費用計算に含めておきましょう。