相続の遺言書に関わる部分の流れ

相続を進めるにあたって、その流れの最初に行うべきことの一つが「遺言状」の有無を確認することです。
相続放棄をせずに相続を続行することを決定したら、まず遺言状の存在が重要になってきます。
遺言状がなければ法定相続に則って遺産分割するか、法定相続人同士で遺産分割協議を行って遺産分割するか、といった流れになります。
しかし遺言状が存在していた場合、その流れも少し違ってくるのです。

まず遺言状の有無を確認する方法ですが、最初は公証役場に問い合わせてください。
公正証書遺言や秘密証書遺言の場合は、これでその存在の有無が明らかになります。
公正証書遺言とは、公証人と証人によって署名された遺言で、公証役場に保管されている遺言です。
その内容についても公証人が把握しています。
秘密証書遺言も同じく公証人や証人の署名がある遺言状ですが、公正証書遺言と違うのは公証人もその内容については把握しておらず、保管場所も自宅です。
公証人や証人が存在のみを証明している遺言状であると言えるでしょう。

公証役場に問い合わせて遺言状の有無が確認でき、公正証書遺言であった場合はそれで良いのですが、秘密証書遺言や自筆遺言だった場合は故人の自宅をくまなく探す必要があります。
金庫や仏壇、神棚などに保管されているケースが多いですが、こればかりは故人によって保管場所が全く違ってきますので、しっかりと自宅内を探す必要があります。

ちなみに秘密証書遺言や自筆遺言の場合であっても、自宅内に保管されていないケースもあります。
銀行などの貸金庫に保管してあるケースも多いですし、生前に付き合いのあった法律事務所に預けてあるケースもあります。
信頼できる友人に預けてあることも珍しくありません。
自宅を探す前にそういった思い当たる人物に尋ねてみる方が早いかもしれません。

もしも遺言状があった場合は、必ず「検認」を行ってから開封し、その内容に沿って相続を進めましょう。
公正証書遺言の場合は検認が必要ありません。