相続登記に関する流れ

相続の際に故人が不動産を保有していた場合、相続登記が必要となります。
相続登記とは、簡単に言うと「不動産の名義変更」です。
しかしこの相続登記とは、どのような流れで行えば良いのでしょうか?

相続登記の流れは、簡単に言うと「書類を準備して手続きする」だけです。
言葉にすればとても簡単ですが、実際にはかなり大変なことなのです。
相続登記の流れは必要書類を準備することから始まります。
この準備こそがもっとも大変な部分であると言えるでしょう。

必要書類の中でももっともトラブルの原因になりやすく重要性も高いのが「遺産分割協議書」です。
この遺産分割協議書は不動産や株式、預金、骨董品といったあらゆる遺産を法定相続人たちがどのように分割するのかを「遺産分割協議」にて決定し、その具体的な内容をしたためた書類となります。
しかしこの遺産分割協議にて後腐れなく正当な分割を決定するには、不動産の価値を知っておかなければなりませんよね。
そこで必要となるのが、不動産鑑定士による鑑定なのです。
これによって不動産を誰かが相続するのか、それとも売却して現金化し分割するのか、といった重要な部分も決定します。

誰かが相続するとなったら遺産分割協議書にてその内容を記載し、他の必要書類と併せて提出し、手続きします。
手続きは法務局で行いますが、全国どこでも良いわけではなく、その不動産の住所を管轄している法務局で行う必要がありますので、事前に官公庁のホームページなどで調べておきましょう。
申請者は相続する本人が行うことが原則ですが、司法書士か弁護士のみ、それを代行することが可能です。

もちろん相続はケースバイケースなので、今回ご紹介した一連の流れはあくまでも一般的な例です。
遺言書がありその通りに相続する場合もあれば、法定相続の通りに相続するだけで問題のない場合もあります。
そういった場合には遺産分割協議書が必要なくなるので、相続登記に至るまでの流れは多少簡単になるでしょう。
しかし不動産の相続がある以上は、相続登記は必須と言えます。
相続登記は後回しにするとさらに大変になってしまいますので、早めに行動することがおすすめなのです。