相続税納税の流れ

故人の遺産が金額にして3600万円を超える場合、相続税が発生する可能性があります。
今回は相続税が発生した場合、それをどのように納税したら良いのか、流れを解説しますので参考にしてください。

相続税を納税するには、まず申告をする必要があります。
この申告は被相続人(亡くなった人)が死亡した際の住所を管轄する「税務署」で行う必要があります。
よく相続人(相続を受ける遺族)の住所の税務署で手続きをしようと間違えてしまう人が多いので注意してください。
具体的に言うと、相続人が東京都に住んでいたとしても、被相続人が北海道に住んでいれば北海道の税務署で申告をする必要があります。
遠方になるとそれだけでもかなり大変ですが、基本的には相続人本人が足を運ぶ必要があります。
それが原則ではありますが、相続の発生は基本的に突発的なものであるため、どうしても都合がつかないケースも多いでしょう。
そんなときは税理士が申告の代行を請け負うことが可能ですので、相談してみましょう。

ちなみに相続税の申告は相続人が被相続人の死亡を知った日から10カ月以内に行う必要があります。
しかし相続税の申告は法定相続人同士が遺産分割協議を行い、その内容をしたためた遺産分割協議書があって初めて申告可能なものとなっています。
つまり遺産分割協議で揉めてしまい10カ月たっても話がまとまらない場合、通常通りの申告と納税ができなくなってしまいます。
相続税が発生する時点で巨額の遺産があると言うことなので、実際に遺産分割協議が長引いてしまうケースは珍しくはないのです。
このように申告が10カ月以内にできない場合は、まず法定相続の通りに法定相続人が相続税を納税し、遺産分割協議で決定された内容の通りに後から生産する形になります。

相続税は納税も基本的に10カ月以内に行わなくてはなりません。
税務署で納税することももちろん可能ですが、納税そのものは金融機関や郵便局などの窓口でも行うことが可能となっています。
相続税の納税には延納や物納と言った制度も利用できますので、すぐに全額を納税することが難しい場合などには税務署に相談してみてください。