銀行預金相続の流れ

相続の際には税務署や官公庁、法務局などケースバイケースでさまざまな場所に足を運んで手続きをしなければなりませんよね。
しかし手続きが必要なのはそのような公的機関のみではありません。
一般的に被相続人である故人は、生前に銀行口座を保有しています。
その銀行口座の相続も行わなければならないので、銀行にも足を運ぶ必要があるのです。

銀行口座を相続する場合、まずは口座相続の申し出を行います。
とりあえずは被相続人が生前に利用していた銀行に電話で問い合わせてみましょう。
相続にはさまざまな形がありますので、その形によって必要になる手続きや必要書類なども違ってきます。
単純認証か限定認証か、といった違いだけではなく、遺言状がある場合、遺産分割協議書がある場合、法定相続に則った相続の場合、家裁が介入して調停や審判に発展している場合などなど、いろいろなケースが考えられます。
基本的にはまず問い合わせて、その指示通りに手続きを進めて行くのが銀行預金相続の流れなのです。

ケースに応じて必要書類を揃えたら、それを提出します。
銀行ごとに相続用の書面が用意されていますので、それに署名と捺印をして、必要書類と一緒に提出するのです。
これらを提出すると、払い戻しなどの具体的な手続きが行われることとなります。
これには日数が必要となることが一般的であるため、あらかじめどの程度の日数が必要なのか問い合わせておきましょう。

つまり銀行預金相続の流れは、ざっくりと言うと、申出、必要書類の準備、書類の提出、払い戻しなど具体的な手続き、といった流れになります。
この一連の流れの中でもっとも労力が必要なのは、やはり必要書類の準備でしょう。
とくに遺産分割協議書が必要な場合などは書類の準備も大変になりがちですが、遺産分割協議が行われる相続と言うものは決して珍しいものではありません。
そこで話がまとまればまだ良いものの、調停や審判に発展してしまうとさらに大変です。
銀行預金相続がスムーズに進むか否かも、やはり相続人同士の話し合いが上手くゆくか否かにかかっていると言えるでしょう。