【タイトル】相続の遺言書から流れまで、おしえます

 

今は無関係なことだとおもわれているかもしれませんが、いつかは相続に深く関わることになります。
またのこす側も、どういう流れで自分の財産が引き継がれるのかを把握する必要があります。
そこで遺言があった場合の、相続の流れについて取り上げます。

相続が発生したらまず、遺言書があるかどうかを確認します。
事前に知らされているのならば良いのですが、ほとんどは親族に内緒でのこしているかとおもいます。徹底的に探し出し遺言書を見つけ出して下さい。

そして見つけ出した遺言書が自筆証書遺言であれば、家庭裁判所へ赴き検認を受けます。
検認を受ける前に内容を見てしまうと、過料が取られるので要注意です。
検認を受けたら遺言書の内容を確認した上で、財産分与について話し合いを進めます。

しかし遺言書に記されているとはいえ、事情があって相続財産を引き継ぎたくないという方もいらっしゃるでしょう。
例えば海外に住んでいるにも関わらず「日本の土地を相続させたい」と遺言で書かれている場合、土地の管理をすることはできません。
果たして、遺言で書かれている財産を受け取らないで済む方法はあるのでしょうか。
ポイントとなるのが、どういう形で相続財産が行き渡るかです。

例えば相続財産の全てを誰かに渡す包括遺贈の場合、財産を受け取らないのなら相続放棄しか手がありません。
相続放棄の手続期限は、3ヶ月以内と決められています。もし相続放棄をしなければ、例え相続の意思がなくても受け取らなければならないのです。
ただ特定の相続人に相続財産を継がせる特定遺贈の場合、相続放棄することなく受け取りを拒否することができます。

しかし誰しもが相続財産を受け取らないとなると、財産の所有権があやふやになってしまいます。
相続をする意思があるかどうかの答えを期間内に出さなければ、嫌でも受け取ることに成るので注意して下さい。

財産分与が決まったら、相続財産の手続へと移ります。
不動産や金融機関の名義変更・保険金の受け取り・年金の手続、相続税が発生していたら納税・申告の手続も必要です。

相続手続きの中には期限が決められており、もし1日でも遅れてしまうと手痛いペナルティが待ち受けています。
中には期限が決められていない手続きもあり、好きな時に行うことがでるものも含まれています。
しかしいつでもできるからとそのまま放置すると、新たな問題が出てきてしまいます。
焦る必要はありませんが、なるべく早く済ませるのが理想です。

相続の流れと費用

故人が亡くなると葬儀や火葬などでまとまったお金が必要となることが多いですよね。
しかしお金がかかるのはそういった部分だけではありません。
相続の際にもそれなりの費用が発生するのです。
今回は相続の流れと、その費用について解説します。
“相続の流れと費用” の続きを読む

銀行預金相続の流れ

相続の際には税務署や官公庁、法務局などケースバイケースでさまざまな場所に足を運んで手続きをしなければなりませんよね。
しかし手続きが必要なのはそのような公的機関のみではありません。
一般的に被相続人である故人は、生前に銀行口座を保有しています。
その銀行口座の相続も行わなければならないので、銀行にも足を運ぶ必要があるのです。
“銀行預金相続の流れ” の続きを読む

相続における限定承認とは

相続が発生すると、法定相続人にとって最初の選択肢となるのは「相続するか、相続放棄するか」ですよね。
何らかの事情があって相続放棄を選ぶ人も少なくはありません。
この二つの選択肢のうち、「相続をする」を選択した場合、さらに二つの選択肢から相続の形を選ぶことになります。
それが「単純承認」と「限定承認」です。
“相続における限定承認とは” の続きを読む

株式の相続に関する流れ

相続の際にたまに問題となるのが、「株式」です。
被相続人が投資をしていたことを相続人が知らなかった、想定外の金額となる株式を保有していた、といったことが相続の際に明らかとなり、良くも悪くも騒動となるケースがあります。
今回は株式が相続に含まれていた際、どのような手順で相続すれば良いのか流れを解説しますので、参考にしてみてください。
“株式の相続に関する流れ” の続きを読む

相続の際に不動産売却する場合の流れ

相続の際に決して放置してはならないのが、不動産です。
相続した不動産が遠方の土地であったり、とくに用途もない評価額も低そうな不動産だったりすると、ついつい後回しにして放置してしまう人も多いですよね。
しかし放置することでその不動産の近隣住民とのトラブルに発展することもありますし、知らぬ間に損害賠償責任を負っていたということにもなりかねません。
“相続の際に不動産売却する場合の流れ” の続きを読む

相続の遺言書に関わる部分の流れ

相続を進めるにあたって、その流れの最初に行うべきことの一つが「遺言状」の有無を確認することです。
相続放棄をせずに相続を続行することを決定したら、まず遺言状の存在が重要になってきます。
遺言状がなければ法定相続に則って遺産分割するか、法定相続人同士で遺産分割協議を行って遺産分割するか、といった流れになります。
しかし遺言状が存在していた場合、その流れも少し違ってくるのです。
“相続の遺言書に関わる部分の流れ” の続きを読む